新型うつの治療法を発見!?

新型うつの治療法を発見!?

新型うつに朗報か?治療法発見!?

「『新型うつ』の一つと言われている『非定型うつ』によく効く治療法を発見したんです。」赤坂クリニックの貝谷氏はおもむろに切り出したそうです。

 

「この病気に関わって24年…。こんなにはっきり効いたのは初めてのことなんです。」

 

非定型うつの特徴は、「好きな事は出来るが嫌な事は身体が動かない。過食や過眠、手足が鉛の様に重い疲労感。感情の抑制が効かないことがある。」などが上げられます。もともと自分への評価が高い人や、二十代〜三十代の女性に多、回復には一進一退を繰り返しながら数年はかかるのが常とされていました。

 

前回は精神疾患の研究者の側からの意見を取り上げ、「新型うつ」はうつ病ではないとしました。「抑うつ状態」という玉虫色の診断書が患者数を増やしているとも指摘しましたが、これらは全て研究者の意見で臨床の立場に居る方々は別の意見があるだろうと想像出来ていたのですが、案の定、彼らは、「現状は、うつ症状だと訴えるクライアントに向き合わざる負えない、臨床の立場を全く理解していないと不満を述べます。

 

「臨床医は日々、患者と向き合っている。目の前に苦しいと訴える人が居れば、治療しない訳にはいかないのです。」と言われました。

 

ストレス、軋轢に極端に弱い体質

 

「仕事は出来ないが、好きな事はできる。」という現象を「仕事は出来ないが遊びは出来る。」という言葉に置き替えてしまうから、みな腹がたつのではないでしょうか。「高いストレスが掛かる事はできないが、低いストレスのかかる事なら出来る。」と置き換えてみると、昔から言われていた「逃避型うつ」に当たるのではないでしょうか。

 

これは「軽いうつ」と分類されていました。だから、今の「新型うつ」も軽少ではあれ、うつ病であることに変わりはないと考えられます。今の20代〜30代のうつ患者には共通点があるのです。

 

それは、過酷なまでに社会に過剰適応しようとする若者達の姿です。コミュニケーション力が求められればそれに適応しようとテンションを上げ、疲弊し、うつに陥るというパターンが多いのだそうです。抗うつ剤はこの手の患者には全く効きません。うつ患者の5割が薬物を使わずに自然治癒しています。というか、薬物が効きにくい別の病気を併発している患者が増えているようです。パニック障害とうつ、ただのうつ病に見えたが、実は双極性障害(躁うつ病)といった具合に複雑化しています。

 

さて、最初に書いた「非定型うつ」の特効薬の話ですが、貝谷先生は「新型うつ」が増加している要因は、「過保護」に育てられた打たれ弱さだと明言なさいました。「いい学校に行くために勉強ばかりして、大学生になった子達が、その流れのまま社会人になっています。

 

みんな良い子で、ストレス一つ感じずに親の庇護の元で育って来た結果、本来成長過程で経験するはずのしごきや厳しいストレスを全く経験していないので、乗越える力も持っていません。そのまんま育って来てしまったのです。会社で上司にガツーンとやられたのが、初ストレスという若者が多過ぎるため、そんな些細な事がトラウマとなってうつ病を引き起こしているのです。

 

きめ細やかにまず話をよく聞くことから

 

上司に一度雷を落とされたぐらいで出社拒否になったり、うつ病と診断されたりしています。でも、適切な診断と適切な投薬があれば、精神疾患は改善される。と貝谷氏は言い切っています。「大事なのは、その患者さんの足跡をきちんと聞き取り調査することです。

 

どんな背景でどんな症状が出たのかをしっかり聞き、診断と処方をする。」これを怠っては何も解決しません。貝谷氏が、長年の経験と治療法に裏付けされた上で、辿り着いたのが「非定型うつ」とPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状の酷似点だと言うのです。その鍵は「フラッシュバック」でした。

 

「非定型うつ」のクライアントさんは人に言われた事を何でもネガティブに捉えてしまい、過敏に反応するという「拒絶過敏症」という症状が強く出て来ます。強いストレスとなり、抑うつ的になる過程で見落とされていたのがフラッシュバックでした。誰でも失敗したり怒られたりしたら嫌な記憶として残ることはあり得るのですが、「非定型うつ」では、その記憶の蘇り(よみがえり)=フラッシュバックが、頻繁に、そして強く起きるのです。

 

その上、相手が褒めてくれた言葉までもその裏を勝手に読み取り、ネガティブ思考に落ち込んで行く。それが悪循環となって、うつ症状が進んでしまう。という現象が、PTSDと酷似していることに貝谷氏は気付いたのです。

 

新型うつはPTSDか?

 

トラウマ(心の傷)体験(戦争や災害などの恐ろしい体験を経た人がなる精神障害)、れっきとした精神疾患なのです。恐い、恐ろしい体験をフラッシュバックで繰り返し思い出す。それが原因で強いストレスが起き、恐怖や無力感、苦痛を味わう病です。

 

戦争や災害ほど過度では無いが、上司にガツーンとやられた経験や激しくプライドを傷つけられた体験も、社会経験の乏しい若者にとってはPTSDと同じトラウマなのではないだろうかと貝谷氏は考え、PTSD用の薬物が効くのではないかと考え、処方した所、見違える様に効果が現れたのだそうです。

 

そう、「非定型うつ」の根源は、嫌な体験記憶のPTSDだったのです。脳内で過去の嫌な記憶を活性化させない薬理効果を処方した方法が、功を奏したようです。

 

 

 

※このレポートはバーミリオンハートのブログからの転用で、、カウンセラーである貝増が池田登式セラピーを行う中で得た現場での体験、また心療の医師のレポートなどから、最新の新型うつに関する情報をまとめ、掲載しているものです。治療に関しては医師の行う治療情報ということです。

お問い合わせ
うつ改善には、まずある程度のうつに関しての知識とゆっくりと状況を受け入れていく時間が必要です。当サイトでは、色々なタイプの人に有効なプログラムを紹介しています。

方法がひとつでは当てはまらない場合があります。
こちらのプログラムは、10以上克服法を紹介しています。

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム
上記は、当協会のプログラムではなく、紹介プログラムです。

ホーム RSS購読 サイトマップ